東京都板橋区の外断熱賃貸マンション「シェーンバウム」で快適な賃貸ライフを!



2019/07/19 空室情報をUPしました!


外断熱のメリットB 「健康」

そして、三つめのキーワードは「健康」です。

 

もしかしたら、「マンションと健康にどんな関係があるの?」と不思議に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

実は、住環境と健康には切っても切り離せない大きな関係があります。

 

外断熱マンションにおける「健康」には、大きく分けて二つの意味があります。


アレルゲンの発生を抑える

まず一つ目は、カビやダニなどの「アレルゲンが少ない」ということです。

 

それはなぜでしょうか? ヒントは冬場に発生する「結露」にあります。

 

現在のお住まいで「結露」に悩まされている方も多いと思います。冬場に窓につく結露は、それだけでもうっとうしいものです。

 

中には「ウチは高性能サッシを使っているから大丈夫」という方もいらっしゃるかも知れません。

 

でもちょっと待ってください!

 

結露の本当の恐ろしさとは窓にできる「見える結露」ではなく、内断熱の壁の中にできる「見えない結露」にあります。

 

この見えない結露は拭き取ることができず、壁の中にジメジメとした空間を作り出し、カビが生えやすくなります。そしてカビこそダニの絶好の温床! その結果、アレルゲンが増え、住んでいる人にさまざまな健康被害をもたらします。

 

ところが、「外断熱」の建物は結露が非常にできにくい構造になっています。

 

その理由は専門的になりますのでここでは省略しますが(※詳細はかわら版「007」「008」をご参照ください)、結露ができにくい以上、当然の結果としてカビやダニも極端に少なくなります。

 

つまり、内断熱マンションに比べるとはるかにアレルゲンの少ない住空間が出来上がるのです。実際に外断熱に建物に移ったら、喘息の症状が改善されたという事例も報告されています。


身体への負担が大きいヒートショック

もう一つは、「ヒートショックがない」ことです。

 

「ヒートショック」とは、温度差のある場所に移動することによって、血圧や脈拍数も大きく上下し、身体に大きな負担がかかってしまうことを言います。特に冬場に暖かい部屋から寒い部屋への移動で起こることがよく知られています。

 

このヒートショックは、最悪の場合、脳卒中や心筋梗塞などの深刻な事態に至ることもあります。

 

「外断熱」では、建物自体を厚い断熱材ですっぽり覆ってしまうため、部屋ごとの温度差がほとんどありません。

 

それどころか、内廊下と専有部(お部屋)の温度差もほとんどないため、一回建物の内部に入ってしまえば、身体がこうしたストレスを感じることはなくなるのです。これはヒートショックから自分の身体を守ることを意味しています。。

 

また、「外断熱に住んだら肩こりが軽くなった!」という声も聞きます。これも部屋ごとの温度差が少ないことや冬場温度が下がりにくいことが血行に良い影響を与えている結果と考えられます。

 

どうでしょう。「外断熱」に住めば、「健康になる」って言ったら、言い過ぎでしょうか?

 

次のページ


お問合せはこちらまで

内見のお申込み・お問合せはこちらまで。
ご連絡お待ちしております!

株式会社 東京青山クリエイト

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4-3-1 サカエ日本橋ビル2F
TEL 03-3516-2900 FAX 03-3516-2675
【URL】 http://www.tokyo-aoyama-c.co.jp
【Mail】 rooms@tokyo-aoyama-c.co.jp

関連ページ

外断熱のメリット@ 「快適」
外断熱のメリット、一つ目は「快適」。魔法瓶のように温度を保つマンションが、「夏涼しく、冬暖かい」生活を実現します。外断熱マンションで、寝苦しい夏の夜にも、底冷えする冬の朝にもお別れです。
外断熱のメリットA 「省エネ」
外断熱のメリット、二つ目は「省エネ」。魔法瓶のように温度を保つマンションが、エアコンに頼らない「省エネルぎー」な生活を実現します。外断熱マンションに住むだけで、地球環境保護に貢献することができます。
外断熱のメリットC 「静寂」
外断熱のメリット、四つ目は「静寂」。建物を温度差から守ってくれる断熱材が、外からの騒音もシャットアウト。国道沿いとは思えないような静かな住空間を提供します。
外断熱のメリットD 「安全」
外断熱のメリット、五つ目は「安全」。断熱材でくるまれたマンションは、セキュリティの面でも高い水準を保ちます。防犯カメラやディンプルキーも完備で、不審者の侵入を許しません。

 
外断熱とは? 外断熱のメリット お部屋紹介 設備紹介 アクセス