東京都板橋区の外断熱賃貸マンション「シェーンバウム」で快適な賃貸ライフを!


外断熱のメリット@ 「快適」

まず、ひとつめのキーワードは「快適」です。

 

外断熱がもたらす「快適」とは、「夏涼しく、冬暖かい」ということです。

 

溶けるように暑い日もあれば凍えるように寒い日もあるこの日本。でも外断熱マンションなら、そんな日も快適に過ごすことができます。

 

なぜ外断熱マンションでは、そのような快適な生活が可能なのでしょうか。


夏は涼しい!

夏の暑い日差しを想像してみてください。

 

コンクリートが直接外にさらされる「内断熱」では、直射日光を浴びたコンクリートが太陽の熱を溜め込み、それ自体が高い熱を持ちます。いくら室内でエアコンをかけても、その冷気をコンクリートが外側から奪っていくのでは、効率良く冷房できるはずがありません。

 

言ってみれば、石焼ビビンバの石鍋の中でエアコンをかけるようなものです。その図をイメージしていただければ、どれだけ無駄な行為をしているのかがお分かりになると思います。

 

そこで、「外断熱」の登場です。

 

断熱材ですっぽり覆われたコンクリートは、外気ではなく室内の空気に同調します。

 

もともと外気の影響を受けず、20度前後を保っているコンクリートは、さらにエアコンの冷気を貯め、エアコンを切った後もしばらく温度があがることがありません。

 

コンクリートの蓄熱性を最大限に利用した「外断熱」は、ただ空気を冷やすだけの「内断熱」と違い、換気のために窓を開けただけですぐ暑くなるようなことがないのです。

 

「冷房の効率が良く、持続性も高い」

 

それが「外断熱」のもたらす夏の快適です。

 

※内断熱との比較は、かわら版「019」をご参照ください。


冬は暖かい!

冬はこれの逆になります。

 

内断熱では外の冷気にコンクリートが同調してしまいます。いくら部屋の中でエアコンをつけても、キンキンに冷えたコンクリートに囲まれていたのでは効きが良いはずがありません。

 

外断熱の場合、コンクリートは冷たい外気からは遮断され、部屋の暖かい空気で熱を溜めていきます。コンクリートの蓄熱性が有効に活用されるわけです。

 

熱を溜めるには、エアコンなどの暖房器具も有効ですが、特に最近では家の中にテレビやパソコンなどの熱を発するものが多いため、生活しているだけで部屋が暖かくなるなんてこともあります。

 

※内断熱との比較は、かわら版「021」をご参照ください。

 

「夏涼しく、冬暖かい」理由が、お分かりいただけたでしょうか。

 

外断熱を「魔法瓶のような建物」と表現する所以もこうしたところにあります。

 

さあ、「外断熱」で真夏の寝苦しい熱帯夜にも真冬の底冷えする朝にもお別れです!

 

次のページ


お問合せはこちらまで

内見のお申込み・お問合せはこちらまで。
ご連絡お待ちしております!

株式会社 東京青山クリエイト

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4-3-1 サカエ日本橋ビル2F
TEL 03-3516-2900 FAX 03-3516-2675
【URL】 http://www.tokyo-aoyama-c.co.jp
【Mail】 rooms@tokyo-aoyama-c.co.jp


 
外断熱とは? 外断熱のメリット お部屋紹介 設備紹介 アクセス