東京都板橋区の外断熱賃貸マンション「シェーンバウム」で快適な賃貸ライフを!



2019/06/28 空室情報をUPしました!


016 分譲が認めた賃貸!?

「康和地所」という会社をご存知でしょうか。
このかわら版にも度々登場するこのデペロッパーは、首都圏で初めて外断熱の分譲マンションを売り出した、非常にフロンティアスピリットにあふれた会社です。
もちろん、このシェーンバウムのコンサルティングをしてくれた会社でもあります。

 

現在、シェーンバウムの一室を康和地所さんに借りていただいています。

 

「デベロッパーが賃貸マンションを借りる?」
それだけ聞くと変に思われるかもしれません。さらにその目的が、
「分譲マンションの購入を検討されている方に賃貸マンションに泊まってもらう」
と言ったら驚かれるのではないでしょうか。

外断熱体感ルームとは?

確かに、同じ住宅とは言え、分譲と賃貸では考え方が違う部分も多く、分譲マンションの購入検討されている方に賃貸マンションに泊まってもらっても、あまり意味はないように思えます。

 

ただし、これは従来のお話。ここでいつものキーワードが出てきます。そう、“外断熱“です。

 

最近では、テレビや雑誌などでも頻繁に“外断熱”という言葉を聞きますし、その素晴らしさも徐々にではありますが浸透してきています。
しかし、その良さを実際に体感するには、やはりある程度長い時間を外断熱マンションで過ごす必要があります。
残念ながら、そうしたスペースがほとんどないのが現状です。

 

そこでシェーンバウムの出番です。
しつこくて恐縮ですが(笑)、シェーンバウムは都内でも希少な外断熱賃貸マンションです。
そこで、康和地所さんはこの一室を借り上げ “外断熱体感ルーム”にしてしまったのです。

冬の「朝」で外断熱を体感!

これには、今年の9月にシェーンバウムからほど近い場所に、康和地所さんの新しい外断熱分譲マンション「リリーベル志村サーモス」が竣工するという時期的・地理的な条件が重なったという理由もありました。

 

この“外断熱体感ルーム”は「リリーベル志村サーモス」購入検討者が主な利用者となりますが、外断熱の良さをより広く知っていただくために、その他にもマスコミの方や役所の方にも泊まっていただけるようになっています。

 

実は、この「泊まる」というところがポイントです。
なぜなら、外断熱を一番実感できるのが「朝」だからです。

 

冬の「朝」を想像してください。
従来の内断熱マンションでは、前日の夜エアコンを切って寝る時には20度あった部屋の温度も、朝起きる時には大幅に下がって10度程度になっています。
一晩かけて冷やされた部屋では、目覚まし時計が鳴ってもなかなか布団から離れることができません。
それに対し、外断熱のマンションは、建物自体が魔法瓶に入っているようなものですから、一晩で落ちる温度はわずか2〜3度。目覚めも爽やかで、布団からもすぐに出られます。
シェーンバウムの“外断熱体感ルーム”で、その「朝」(特に温度差が激しい夏や冬)を体験してもらうのが、百の言葉を並べるより確実に“外断熱”のすごさを実感できる方法と言えるでしょう。

 

自分が外断熱に住んでみて初めて分かったことですが、この「温度差が少ない住空間」というのは、ビックリするぐらい体が楽!
寒くて目が覚めるようなことがないので、睡眠もより上質なものになるますし、建物の中の温度差もほとんどないので(温度のバリアフリーと呼ばれています)、急激な温度の変化による負荷が体にかからないからだと思われます。
さらには血行にも良い影響を与えるようで、既に外断熱に住んでいる方からは肩こりがだいぶ楽になってという証言もあります。
…幸か不幸か、私は肩がこらない体質なので、実感できないのですが(笑)。


分譲マンションに認められた賃貸マンション

それにしても康和地所も思い切ったことをしたものです。
これから何千万という買い物をするかもしれないお客さんを、こともあろうに賃貸マンションを泊めてしまうとは。
シェーンバウムに泊まったお客さんが「リリーベル志村サーモス」購入をやめてしまったら、建て主として少なからず責任を感じるところです。
しかし逆に言えば、このマンションがそれだけ康和地所から信頼されている証であると受け止めています。
シェーンバウム建設中から康和地所のコンサルティング担当の方は「マンションの基本的な部分は分譲と同じです」と仰っていましたが、シェーンバウムの一室を“外断熱体感ルーム”とすることで、自らの言葉を証明してみせたと言えるのではないでしょうか。

 

「分譲マンション並みの賃貸マンション」とはよくある宣伝文句ですが、分譲マンション購入希望者を泊められる賃貸マンションは、そうそうないと思います。

 

「分譲マンションに認められた賃貸マンション!」
こんな言葉を、シェーンバウムの新しいキャッチフレーズにしようかと思っています(笑)。

 

(2007/04/07 文責:佐野)

 

<2007/09/20 追記>
残念ながら、諸般の事情から「リリーベル志村サーモス」は建設中止となってしまいました。
しかし、“外断熱体感ルーム”は現在でもご利用いただけます。

関連ページ

001 「シェーンバウム」ってなんだ?
外断熱賃貸マンション「シェーンバウム」のかわら版です。このちょっと変わったマンション名の由来をご紹介します。
002 コンクリートなのに“木”?
外断熱賃貸マンション「シェーンバウム」のかわら版です。新しい賃貸の形を目指したマンションのコンセプトをご紹介します。
003 「外断熱」第6のメリット
外断熱賃貸マンション「シェーンバウム」のかわら版です。なぜ高い費用をかけてまで、外断熱工法を採用したのか。その秘密をご紹介します。
004 目印できました?
外断熱賃貸マンション「シェーンバウム」のかわら版です。建設中の目印となった面白い垂れ幕についてご紹介します。
005 オートロックにご用心?
外断熱賃貸マンション「シェーンバウム」のかわら版です。いまや標準装備となったオートロックについてご紹介します。
006 オートロックの盲点とは?
外断熱賃貸マンション「シェーンバウム」のかわら版です。信頼性の高いオートロックの意外な盲点をご紹介します。
007 外断熱が「結露」に強いワケ
外断熱賃貸マンション「シェーンバウム」のかわら版です。外断熱工法で作られたマンションでは結露ができにくい理由を解説します。
008 結露対策の決め手とは?
外断熱賃貸マンション「シェーンバウム」のかわら版です。住宅の悩み「結露」について、その画期的な解決方法をご紹介します。
009 写真でみる外断熱の工程
外断熱賃貸マンション「シェーンバウム」のかわら版です。外断熱工法の快適さの秘密を、建設中の写真を使って解説します。
010 北側サイコー!?
外断熱賃貸マンション「シェーンバウム」のかわら版です。通常の住宅では嫌がられる北側のお部屋が外断熱マンションでは好まれる理由を解説します。
011 やっぱり気になる「音」のお話
外断熱賃貸マンション「シェーンバウム」のかわら版です。誰もが気になる住宅の遮音性能について解説します。
012 シックハウス症候群を考える
外断熱賃貸マンション「シェーンバウム」のかわら版です。「シックハウス症候群」から、住宅と健康の関係を考えます。
013 換気のススメ?
外断熱賃貸マンション「シェーンバウム」のかわら版です。高気密とシックハウス症候群の関係を解説します。
014 勝手に竣工記念!?
外断熱賃貸マンション「シェーンバウム」のかわら版です。建物の様子が分かる竣工時の写真をご紹介します。
015 お部屋をプロの写真で!
外断熱賃貸マンション「シェーンバウム」のかわら版です。竣工時の写真からそれぞれのお部屋の様子をご紹介します。
017 マスコミデビュー!?
外断熱賃貸マンション「シェーンバウム」のかわら版です。竣工時のマスコミ向け内覧会の様子をご紹介します。
018 出ていないのに出窓?
外断熱賃貸マンション「シェーンバウム」のかわら版です。外断熱特有の「出ていない出窓」の秘密を解説します。
019 真夏の“昼”の夢?
外断熱賃貸マンション「シェーンバウム」のかわら版です。真夏の内見で経験した、不可思議な出来事をご紹介します。
020 8畳なのに8枚敷けない?
外断熱賃貸マンション「シェーンバウム」のかわら版です。部屋の広さを示す「畳」という単位について解説します。
021 エアコンは“空”調機にあらず!?
外断熱賃貸マンション「シェーンバウム」のかわら版です。外断熱の建物におけるエアコンの本当の役割について解説します。
022 外断熱を知るオススメ書籍
外断熱賃貸マンション「シェーンバウム」のかわら版です。外断熱を知るのに役立つ書籍をご紹介します。
023 「外断熱」の敗北?
外断熱賃貸マンション「シェーンバウム」のかわら版です。当マンションのコンサルティングを手がけた康和地所の倒産について解説します。
024 ある夏の日の実験
外断熱賃貸マンション「シェーンバウム」のかわら版です。夏の日に温度計を使って行った実験の結果ををご紹介します。
025 外断熱復活の兆し?
外断熱賃貸マンション「シェーンバウム」のかわら版です。外断熱推進会議のディスカッションに参加した時の様子をご紹介します。

 
外断熱とは? 外断熱のメリット お部屋紹介 設備紹介 アクセス