東京都板橋区の外断熱賃貸マンション「シェーンバウム」で快適な賃貸ライフを!


シェーンバウム かわら版

「シェーンバウムかわら版」では、興味を持っていただいた皆様に、より深くシェーンバウムを理解していただくための情報を発信していきます。
外断熱に限らず、暮らしに役立つ情報も掲載していく予定ですので、ぜひご一読ください!

シェーンバウム かわら版記事一覧

001 「シェーンバウム」ってなんだ?

「シェーンバウム」ご存知の通り、このマンションの名前です。第一回目のかわら版では、この名前の由来についてご説明したいと思います。ちょっと聞きなれないこの語感、実は「シェーンバウム」とはドイツ語です。ドイツ語表記ですと「Schone Baum」、正確には名詞には冠詞がつきますから「Der Schone...

≫続きを読む

 

002 コンクリートなのに“木”?

前回では、「シェーンバウム」という名前が決まるまでの過程をお話しました。その続きとなる今回は、その名前から導かれたマンションのコンセプトについて触れたいと思います。「鉄筋コンクリートという、言わば“石”であるこのマンションに、“木“という意味の名前をつけていいのか?」シェーンバウムという名前に決めた...

≫続きを読む

 

003 「外断熱」第6のメリット

“外断熱は建設費が高い!”「外断熱とは」のページでご説明した、日本に外断熱が普及しない最大の理由です。(もちろん理由はこれだけではありませんが)一般的に内断熱から1割〜2割は高いと言われる外断熱。建物をグルッと囲む断熱材等の材料費もさることながら、建物の外側に断熱材を張り込んでいく作業は、どうしても...

≫続きを読む

 

004 目印できました?

ビルの工事現場で必ずと言っていいほど、目にするのが垂れ幕状の看板です。大半は施工している建設会社のものですが、その内容は「信頼と実績の○○建設」とか「地域に密着した家作り △△建設」といった具合に、当たり障りのない文句と企業名で構成されたものがほとんどで、お世辞にも個性的とは呼べません。建設会社とい...

≫続きを読む

 

005 オートロックにご用心?

共通エントランスは、「オートロック」と「防犯カメラ」。そして、各住居の玄関は「ディンプルキー」の「ダブルロック」。さらには、来訪者の顔が見える「カラーモニター付きインターフォン」。シェーンバウムのこの設備を聞いて、みなさんはどんな感想をお持ちでしょうか。中には「やりすぎな過剰設備」と思われる方もいら...

≫続きを読む

 

006 オートロックの盲点とは?

今回のかわら版は、前回の予告どおり、オートロックのすり抜け方とその対処法をお届けします。「相手を知り己を知れば、百戦危うからず」の言葉もあります。まず泥棒の手口を知ること。そして、その防御策を知ること。完全に侵入を防ぐことは難しいかもしれませんが、そのことが防犯効果を大幅に高めるはずです。(以下の文...

≫続きを読む

 

007 外断熱が「結露」に強いワケ

今回から2回に分けて、外断熱に結露ができにくい秘密に迫ってみたいと思います。まず今回は結露ができる仕組みを考えてみましょう。しかしながら、なにを隠そう、私は理科が大の苦手(泣)。そんな私でも分かるように解説しますので、「難しそう」などと思わずにぜひ読んでみてください。(以下の文章には、厳密に言うと正...

≫続きを読む

 

008 結露対策の決め手とは?

いよいよ今回は、外断熱に結露ができにくい秘密に迫ります。前回、住宅にまつわる結露には「窓」にできるものと「壁」にできるものがあるというお話をしました。内断熱のマンションでもペアガラスを使えば、窓の結露はある程度抑えられるのも事実です。(より深刻なのは見えない壁の中の結露であるのも皆さんはご存知ですよ...

≫続きを読む

 

009 写真でみる外断熱の工程

建築用語で、屋根の一番上の部材である棟木を取り付けることを「上棟」といいます。棟木というところからも分かるように、元々は木造家屋の建築に使われていた言葉ですが、現在では鉄筋コンクリートの建物に対しても使われ、屋上までコンクリートを流し込んだ時点を指します。大きな意味で「建物の骨組みが出来上がること」...

≫続きを読む

 

010 北側サイコー!?

部屋を借りるときにやはり気になるのが、窓のある方角です。「一番良いのが南向き、逆に最低なのは北側」このことは太陽が東から昇るのと同じくらい日本では絶対的な真実として認識されています。ところが…、「外断熱の建物では意外と北側が住みやすい」実際に外断熱に住んでいる人達からはそんな声があがっています。シェ...

≫続きを読む

 

011 やっぱり気になる「音」のお話

マンションなどの共同住宅で、気になるのがやはり「音」の問題です。車の通行音等の外から音ももちろんですが、他の部屋から音が筒抜けでは落ち着いて生活できません。実際に、住民間のトラブルで一番多いのは音の問題と言われています。「外断熱のメリット」の項でも書いたように、シェーンバウムは分厚い「断熱材」が「断...

≫続きを読む

 

012 シックハウス症候群を考える

「シックハウス症候群」という言葉をご存知でしょうか。非常に簡単に言ってしまうと、部屋の空気中にあるホルムアルデヒトなどの科学物質が、呼吸することで人体に入り、体の変調を引き起こすという病気です。2003年の建築基準法改正の影響か、最近はあまりマスコミに登場しなくなった言葉ですが、今現在もこの病気に苦...

≫続きを読む

 

013 換気のススメ?

今回のかわら版は、前回に引き続き「シックハウス症候群」のお話です。原因の側からシックハウスを探った前回に対し、今回は入居者の皆さんに知っておいていただきたい対処法です。(参考文献:「シックハウスがわかる」学芸出版社刊 )シックハウス症候群への対処法としては、次の二段階があると考えられています。@室内...

≫続きを読む

 

014 勝手に竣工記念!?

去る2007年2月22日、板橋区としては初、都内でも数例しかない外断熱賃貸マンション「シェーンバウム」が、無事竣工いたしました。今回のかわら版では、上棟時に引き続き、竣工を“勝手に”記念して、写真で完成したシェーンバウムをご覧いただきたいと思います。しかも今回は、プロのカメラマンによって撮影された写...

≫続きを読む

 

015 お部屋をプロの写真で!

今回のかわら版は、“勝手に竣工記念”の第二弾です。前回に続いて、プロのカメラマンによって撮影された写真でシェーンバウムを紹介していきます。第二弾の今回は、気になる居室の写真です。

≫続きを読む

 

016 分譲が認めた賃貸!?

「康和地所」という会社をご存知でしょうか。このかわら版にも度々登場するこのデペロッパーは、首都圏で初めて外断熱の分譲マンションを売り出した、非常にフロンティアスピリットにあふれた会社です。もちろん、このシェーンバウムのコンサルティングをしてくれた会社でもあります。現在、シェーンバウムの一室を康和地所...

≫続きを読む

 

017 マスコミデビュー!?

前回のかわら版で紹介した“外断熱体感ルーム”。去る2007年2月28日、その部屋で報道関係者向けの内覧会が行われました。当日は報道関係者の皆さんに、少しでも外断熱を理解していただこうといくつかのデモンストレーションを行いました。その中でも特に好評だったのが、「エアコンをつけなくても自然に部屋が暖かく...

≫続きを読む

 

018 出ていないのに出窓?

住む人を幸せにする「外断熱」。これまで紹介してきた様々なメリットの他にも、外断熱には“ちょっとした幸せ”が隠されています。今回のかわら版は、そんな“外断熱のちょっとした幸せ”にスポットを当ててみました。まず、写真@をご覧ください。これは、701号室の窓を写したものです。「出窓」になっているのがお分か...

≫続きを読む

 

019 真夏の“昼”の夢?

「猛暑日」という言葉をご存知でしょうか。1日の最高気温が25℃以上の「夏日」、30℃以上の「真夏日」に加え、最高気温が35℃を超える日を表現するために、今年から気象庁が使い始めた言葉です。「猛暑日」はこの10年間で急激に増えてきたそうです。その背景には地球の温暖化があることは疑いようがありません。そ...

≫続きを読む

 

020 8畳なのに8枚敷けない?

賃貸で人気の物件と言えば、「フローリング」。と言うより、最近の新築物件はほとんどがフローリングになっています。もちろん、シェーンバウムも全室フローリングです。ところが、慣習とは面白いもので、そんな状況でも居室の広さを表す単位は「〜畳」。フローリングであっても、広さはタタミ何枚分かで表しています。日本...

≫続きを読む

 

021 エアコンは“空”調機にあらず!?

最近では、住宅の標準設備となったエアコン。これ一台で冷房も暖房もこなす優れものは、いまや日本人の生活に欠かせないものになりました。さて、このエアコン。正式名称は「エア・コンディショナー」。日本語に直せば「空調機」となります。読んで字のごとく、空気(つまり温度と湿度)を調整する機械ですが、外断熱マンシ...

≫続きを読む

 

022 外断熱を知るオススメ書籍

私が「外断熱」という言葉に出会ったのは、2004年の春。一冊の不動産経営書がきっかけでした。あれから4年経ち、今ではいろいろなところでこの言葉を聞くようになりました。特に、ある住宅メーカーが「外断熱」という言葉を前面に出した広告をうったのが大きいようで、「外断熱」の意味は知らなくても、“なんとなくい...

≫続きを読む

 

023 「外断熱」の敗北?

去る2008年10月31日、外断熱業界に衝撃が走りました。「康和地所、民事再生法を申し立て」このかわら版をお読みの方はご存知だと思いますが、康和地所とは2003年に首都圏で初めて外断熱工法の分譲マンションを販売したデペロッパーで、当シェーンバウムのコンサルティングをしてくれた会社です。康和地所の物件...

≫続きを読む

 

024 ある夏の日の実験

いやぁ〜、大変ご無沙汰しております、シェーンバウム『かわら版』。久々の更新となる今回は、ある夏の日に行った実験のお話です。まずは、上の写真@をご覧ください。この写真は、ある8月の暑い日に温度計を二つ並べて撮影したものです。場所は当時空室だったシェーンバウムの704号室。時刻は温度計にも表示されている...

≫続きを読む

 

025 外断熱復活の兆し?

一年ぶりの更新となってしまいました、シェーンバウム『かわら版』。今回は先日私が参加した、あるパネルディスカッションのご報告をしたいと思います。突然ですが、「外断熱推進会議」という団体をご存知でしょうか。この団体は、外断熱の普及を目的として作られた特定非営利活動法人で、以前かわら版「022」でもご紹介...

≫続きを読む

 

 
外断熱とは? 外断熱のメリット お部屋紹介 設備紹介 アクセス